ここからページコンテンツが開始します

職業訓練用教科書

塗装系デザイン概論

表紙画像
131523
〈職業能力開発総合大学校 基盤整備センター編/厚生労働省認定〉
A5判・184ページ
定価 1,540円(本体 1,400円)
ISBN978-4-87563-056-2
昭和62(1987)年2月 初版発行
平成10(1998)年3月 改定初版発行

第1章 デザインとは何か

第2章 デザインの歴史

第1節 欧米におけるデザインの歴史

第2節 日本におけるデザインの流れ

第3章 デザインの実際

第1節 デザインの活用領域

第2節 新たなデザインの活用領域

第3節 デザインプロセス

第4章 デザインの基礎

第1節 形と構成

形の様相/形の知覚/構成と美的形式/テクスチャー(材質感)

第2節 色彩

色の発生と知覚/色彩の表示/色彩の感覚特性と心理効果/色彩の調和

第5章 デザインと表現

第1節 スケッチによる表現

スケッチの目的/形態の把握と光の表現/図法による表現/スケッチ技法と用具

第2節 モデリング

モデリングの目的/モデリングの種類

第3節 レタリング

レタリングとタイポグラフィー/レタリングの基礎知識

第4節 コンピュータとデザイン

デザインプロセスとコンピュータ/表現技法とコンピュータの利用

第6章 塗装デザインと色彩

第1説 私たちの生活と塗装

塗装デザインの対象/塗装デザインとオートメーション/塗装デザインとアメニティ/塗装デザインと芸術性

第2節 塗装デザインの歴史

洋式塗装デザインの始まり/塗装デザインと文明開化/塗装デザインと材料の製造

第3節 塗装デザインと塗料

塗料と塗装/塗装デザインの役割と機能

第4節 塗装デザインの対象と需要分野

塗装デザインの対象/塗装デザインの需要分野

第5節 塗装デザイン材料と構成

塗料とその仲間/塗装デザインに必要な性能

第6節 塗装デザインのための調色作業

調色作業とは/塗料の原色と調色用原色/調色用原色と色彩領域/調色作業とコスト/調色作業の手順/調色作業のポイント/調色作業の合否の判定

第7節 塗装デザインと測色機器

塗装デザインと色彩の表現方法/塗装デザイン調色と色差/測色計による調色管理/塗装デザイン調色とCCM

第8節 塗装デザインとマンセル記号

マンセル色票/塗装色とマンセル記号

第9節 塗装デザイン計画

塗装デザイン計画とその分野/塗装デザイン計画のステップ

第10節 塗装デザイン計画の実際

インテリアと塗装デザイン計画/エクステリアと塗装デザイン計画

第11節 塗装デザインとマーキングフィルム

マーキングフィルムとは/マーキングフィルムの組成/マーキングフィルムの特長/マーキングフィルムの施工条件/マーキングフィルムの施工技術/カッティングシステムとピクトグラム