ここからページコンテンツが開始します

職業訓練用教科書

木工塗装法

表紙画像
131527
〈職業能力開発総合大学校 基盤整備センター編/厚生労働省認定〉
A5判・250ページ
定価 2,052円(本体 1,900円)
ISBN978-4-87563-060-9
昭和61(1986)年2月 初版発行
平成10(1998)年2月 改定初版発行
(塗装法3分冊に)

第1章 木工用材料の性質

第1節 木材の種類

針葉樹/広葉樹

第2節 木材の構造

木材の肉眼的構造/木材の顕微鏡的構造/木材のきず

第3節 木材の性質と特性

木材の一般的性質/木材の物理的性質/木材の乾燥/木材の機械的性質/木材の化学的性質

第4節 合板の種類

合板の特性/合板の製法/合板の規格/家具、建具に使用される合板

第5節 その他の木質系材料

パーティクルボード/ファイバーボード/集成材/単板積層材(LVL)/ポリエチレングリコール(PEG)処理木材/アセチル化処理木材/木材・プラスチック複合体(WPC)

第2章 木工材料の塗装法

第1節 木工塗装の目的

木工塗装の目的/木工塗装の塗装効果/塗料と塗装

第2節 各種仕上げ方法

塗装仕上げの種類/素地の明瞭度/塗膜の形成状態/着色の有無による仕上げ法/塗膜の光沢度/上塗り塗料の種類による仕上げ/単板オーバーレイ合板(化粧合板)への塗装法/特殊材(アク質材)の塗装法

第3節 木工製品の塗装法

木工製品の要求性能/家具の塗装法/建具の塗装法/屋外用木工製品の塗装法/楽器の塗装法

第3章 塗装工程

第1節 新規の塗装工程

素地調整/漂白/着色/目止め/下塗り/中塗り/上塗り/磨き仕上げ/塗膜の研磨/塗装工程例

第2節 塗装工程上の異種塗料の組み合わせ

塗料の組み合わせで生じる主な問題点/塗り間隔と層間付着性

第3節 塗替えおよび補修

塗替え塗装法/補修塗装

第4章 塗装作業法

第1節 養生

養生作業方法/塗りたて後の養生

第2節 はけ塗りおよびへら付け

はけ塗り/へら付け

第3節 塗装機器および塗装設備

塗装方法の分類/エアスプレー/空気圧縮機(エアコンプレッサー)/塗装ブース(排気装置)/カーテンフローコーター/ローラ塗装機/乾燥炉

第4節 研磨

塗膜の研磨法/塗膜の磨き

第5章 木工用塗料

第1節 木工用塗料の分類

第2節 木工用塗料の種類と性質

油性塗料/天然樹脂塗料/合成樹脂塗料

第6章 木工製品の塗装仕上げ

第7章 欠陥とその対策

素材の欠陥/塗装の際に生じる欠陥/塗膜の乾燥過程に生じる欠陥/硬化乾燥後及び経時に生じる欠陥/その他の条件によって生じる欠陥