ここからページコンテンツが開始します

職業訓練用教科書

金型工作法
―金型の役割と作り方―

表紙画像
141004
(職業能力開発総合大学校 基盤整備センター編/厚生労働省認定)
B5判・248ページ
定価 2,376円(本体 2,200円)
ISBN978-4-87563-403-4
昭和48(1973)年2月 初版発行
平成20(2008)年3月 改定初版発行

第1章 金型の役割

第1節 金型とは

金型の構成/金型の種類/金型の役割、機能

第2節 金型製作法の概要

金型製作の流れ

第2章 金型のできるまで

第1節 金型作り

PDCA/PDCAと金型ができるまで/金型製図法/金型材料と熱処理

第2節 金型設計におけるCAD/CAM

CAD/CAM/金型CADの機能/金型CAMの機能

第3節 金型の製作

金型製作の概要/金型部品の加工/金型の組立て

第3章 プレス加工に使う金型

第1節 プレス加工とは

プレス加工と金型/プレス金型とプレス機械/プレス加工と材料(被加工材)の形/プレス加工の種類/プレス加工方法の種類/プレス作業の方法

第2節 プレス加工の要点

せん断加工/曲げ加工/絞り加工

第3節 プレス機械

プレス機械の特徴/プレス機械の種類/クランクプレス/プレス機械の安全装置

第4節 プレス加工材料

鉄鋼材料/非鉄金属材料

第5節 金   型

プレス金型の基礎知識/せん断用金型/曲げ金型 /絞り金型/複合金型(総抜き、抜き絞り金型)/順送り金型

第4章 プラスチック成形に使う金型

第1節 プラスチック成形とは

プラスチック成形の種類

第2節 プラスチック成形用機械

射出成形の概要/射出成形の成形プロセス/その他の成形機械

第3節 プラスチック成形用材料

プラスチックについて/熱可塑性プラスチック/熱硬化性プラスチック

第4節 射出成形用金型

金型の種類と構造/型設計製作上の注意

第5節 圧縮成形用金型

金型の種類と構造/型製作上の注意

第6節 トランスファ成形用金型

金型の種類と構造/型製作上の注意

第5章 ダイカストに使う金型

第1節 ダイカストとは

第2節 ダイカストマシンの種類と特殊ダイカスト法

ダイカストマシンの種類/特殊ダイカスト法

第3節 ダイカスト材料の種類、用途及び特性

アルミニウム合金/亜鉛合金/マグネシウム合金/その他

第4節 ダイカスト金型

ダイカスト金型の種類と構造/型製作上の留意点/金型損傷と対策

第6章 その他の金型

第1節 ガラス用金型

ガラス成形/ガラス用金型/ガラス用金型材料

第2節 ゴム用金型

ゴム成形/ゴム用金型/ゴム用金型材料

第3節 粉末冶金用金型

粉末冶金成形/粉末冶金用金型/粉末冶金用金型材料

第4節 鍛造用金型

熱間鍛造/熱間鍛造用金型/冷間鍛造/冷間鍛造用金型/鍛造用金型材料

第5節 押出し加工用金型

押出し加工/押出し加工用金型/押出し加工用金型材料

第6節 引抜き加工用金型

引抜き加工/引抜き加工用金型/引抜き加工用金型材料

付属資料

索引