ここからページコンテンツが開始します

アセスメント・ツール

学校・職業訓練機関様用お問い合わせ 学校・職業訓練機関様用購入申込み

学校・職業訓練機関向けアセスメント・ツール全般Q&A
キャリア・コンサルティングセミナー情報

仕事の遂行能力や適性の有無を調べる

厚生労働省編一般職業適性検査[進路指導・職業指導用]

General Aptitude Test Battery

Q01実施にはどのくらい時間がかかりますか。
A所要時間は45~50分です(紙筆検査のみの場合)。
Q02何が測定できるのですか。
A「適性能」、つまり「その職業に就くための訓練や教育を受け、必要な経験を積んでいったとき、先々その職業でうまくやっていけるかどうかという潜在的な能力」です。いわば将来の職業の「成功の可能性」であり、GATBでは多様な職業分野で仕事をするうえで必要とされる代表的な9種の適性能(①知的能力②言語能力③数理能力④書記的知覚⑤空間判断力⑥形態知覚⑦運動共応⑧指先の器用さ⑨手腕の器用さ)を測定します。(⑧⑨は器具検査が必要です)。
Q03検査の目的は。
A多種多様な職業分野で仕事を遂行するうえで必要とされる代表的な9種の能力(適性能)を測定することにより、能力面からみた個人の理解や個人の適職領域の探索等、望ましい職業選択を行うための情報を提供することを目的としています。
Q04検査の対象はどのような人ですか。
A13歳以上45歳未満で、学歴に関係なく使用できます。
Q05実施にはどのような準備が必要ですか。
A以下のものを用意します。
  • 検査場(室):集団で実施する場合は、受検者相互の間隔が狭すぎないように机を配置します。検査補助者も含め検査実施者1人につき50人以下が望ましい受検者数です。また、検査問題の教示をよく理解させるために黒板を用意しておくことが望ましいです。
  • 検査用紙:受検者数に対して1割程度多めに用意します。
  • 筆記用具:1人当たり鉛筆2、3本(シャープペンシル、ボールペンや万年筆は使えません。)
  • ストップウォッチ1個、手引書1冊、検査実施者用検査用紙1冊、予備の鉛筆
    (検査実施用指示CDを用いる場合はCDとプレーヤー、スピーカー等)
Q06実施はどのようにするのですか。
A詳しくは手引に書かれてある実施の手順に沿って行います。
受検者に対し検査の趣旨等全般的な説明を行い、必要事項の記入をさせ、各下位検査を次の順序で実施します。
① 教示(検査のやり方の説明)
② 練習(練習問題について、教示のとおりやってみる)
③ 確認(受検者が、教示内容を正しく理解したかどうかを確かめる)
④ 本検査
Q07結果はどのようにわかりますか。
A実施後直ちに自己採点し結果を得ることもできますが、当会にてコンピュータによる判定処理サービスを行っております(有料)。自己採点の手間を省き、見やすくわかりやすい判定結果を提供いたします。個人の適性能得点、評価、プロフィールおよびコメントによる適性能の解釈、適性職業群が表示された「個人結果票」、「クラス一覧表」に加え、自分に合った仕事の世界を探すためのワークシート「結果の見方・生かし方」をご提供。職業適性をより深く理解した進路探索に効果的です。

この検査についての、より詳しいQ&Aは、当会発行「厚生労働省編一般職業適性検査[進路指導・職業指導用]Q&A集」に掲載されています。併せてご参照ください。


学校・職業訓練機関様用お問い合わせ 学校・職業訓練機関様用購入申込み

学校・職業訓練機関向けアセスメント・ツール全般Q&A
キャリア・コンサルティングセミナー情報